軍鶏(漫画)のネタバレから最終回まで!グッと来た感想はこれ!

こんにちは、

原作:橋本以蔵
漫画:たなか亜希夫さんのコンビが描いた

『軍鶏(しゃも)』

読んだ読者のグッと来た感想を集めてみました♪

最終回の感想もあります(^^)


こちらで試し読みが出来ます
    ▼ ▼ ▼
    まんが王国

 

軍鶏のあらすじ

真昼の昼下がり、少年は両親を殺害した。エリート銀行員の父と美しき母の、まとわりつくような愛情が、自分のすべてを吸い尽くすという妄執にかられ、少年は凶行に及んだ。

収監された少年院で、少年は「空手」と出会い、その牙と爪を研ぎ続ける。何者にも自分自身を奪われないため、何より、殺されないためにーー。

軍鶏 みんなの感想

本作を読んだ読者の反応はどうだったのか…?

 

このサイトでは、
コミックサイトなどに投稿されたレビューの中から

「これはっ!」という感想や

「これは参考になる!」と思った意見なんかを

サイト主の独断と偏見でピックアップしております♪

 

感想の中には最終回に関するネタバレも含まれますので、

これから本編を読もうと思ってる人は気をつけてくださいね♪

 

グッと来た感想

主人公成嶋亮が両親を殺害し少年院に入り内気な性格、

 

虚弱な体格などの要素から陰湿かつ残酷ないじめを少年院生や教官に受けどん底に落ちてしまうが、そこで出会った体育の教官である空手の達人黒川健児により、「生き残るための空手」を身につけ出所してからは格闘界に入り、無軌道なバトルを繰り広げてゆく。

 

とゆう作品になっております。出所後得た空手の腕と肉体を生かして裏社会で頭角を現していくんですが、最初のころはまだそこまで悪になりきれてない感じだったのにだんだんと悪に染まりあがり最終的にはクズになっていく感じも魅力の一つです。

 

ダークヒーローってやつですかね。空手やったり中国武術やったり総合格闘技やったりとちょいちょい内容が変わるのですが、面白いと思います。

 

過激な描写があるので女性にはあまりおススメはしませんが、男性だったらハマル人はハマルんじゃないでしょうか?過激な描写があるので星一個マイナスにさせていただきました。

刑務所内の縦社会、嫌ですね~。殺人罪の主人公ですが、何故かエールを送りたくなる。とにかく読み進めたくなる作品でした。
連載が長いからそれなにに面白いのかと思いましたがまーーーーーーったく面白くないエリート少年の親殺しの心情や背景がうまく描かれていないため、

 

何で凶行に及んだか全く不明主人公の鬱積した精神や病的な一面が無いため、単純に内容が薄く共感出来ない。また、格闘についても心理描写や理論も無いし、

 

主人公の成長も強い師匠に教えてもらったから強くなったくらいの単純さで意味不明すぎて退屈な漫画です。

モチーフが暗いしどうかなーと思いながら読みましたがおもしろくて最後まで一気に読みきりました。
序盤は明らかに面白い漫画ですが、途中から敵が出てきては戦い、敵が出てきては戦いのループです。生き残る為に戦う、ではなく、ただ戦います。しかも敵がどんどん色物になっていく。

 

少年ジャンプかと突っ込みたくなりました。おしい漫画です。担当している編集さんのせいかな。

途中までスッゴク面白くてはまってましたがちょっと見ない間に主人公だれ!?ってなって挫折。

 

やっとこさ終わったみたいなので改めて見ようかな

うーん鯵が崎にいた頃は進む先が見えたけど、出てからの迷走っぷりが長くてちょっとタイクツ。

 

も少しテンポアップすれば面白いのに…丁寧さが裏目に出てる気がする。

1巻が面白くて一気に全巻読んでしまいました。孤独に生きる男の話です。なんとなくバガボンドを思い出しました。
空手の知識もないわたしにも伝わってくるたなか亜希夫の画力に驚嘆させられる。

 

普段マンガを手にすることが少ない平均レベル以下の私が一気に読了した。

途中までは面白いと思って読んでいました。

 

ただしナルシマリョウの名前を不幸や呪いの代名詞みたいに印象付けようとしてるのは違和感がありました。

 

性に薬に暴力に格闘技の要素が入ったストーリーは荒んでいて救いようのない展開です。

 

その割には内容に深みが無く、意味なく不幸な人間を増やしているのはちょっとやり過ぎな感じです。独特の発想で面白いときもあれば、どこかで見覚えのあるような場面もあります。

【最終回ネタバレ】この漫画は格闘漫画です。親殺したり、刑務所行ったり、序盤から中盤まで内容がショッキングすぎる。

 

汚い大人になった僕達には、大好きな内容といえるかも。悪い点は、未完で終わったこと。実に残念だった。

 

読者から見ればくだらなすぎる理由だったんで。トーマは結局なんだったんだろ。関係ないが、リョウは「山本KID」菅原は「小川直也」にしか見えないね。当時ピークだった「バキ」よりは好きだった。

 

無料試し読み

『軍鶏』

電子コミックで無料の試し読みが出来ます♪


お得な立ち読みはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

☆スマホで読むならこちら

まんが王国
『軍鶏(しゃも)』で検索ください。

☆PCでも読めるのはこちら

ebookjapan(イーブックジャパン)

BookLive(ブックライブ)
『軍鶏(しゃも)』で検索ください。

 

【一言アドバイス!】

『まんが王国』では会員登録なしで試し読みができますが、

その他のコミックサイトは無料の会員登録が必要となります。

ただ・・ヤフージャパンのIDがあれば、より簡単に利用できますよ~♪